便利な町の運送便

トラックのおもちゃ

事業所の特徴を掴む

赤帽便は、軽トラックを使った運送業者で構成される協同組合です。赤帽便の車は全国各地に走っています。社名については、初代会長が鉄道で働くポーターの姿に感銘を受けて命名したということです。組織としては、各都道府県に下部組織の単組があり、その下に支部、営業所を置く形となっています。赤帽便の運転手は個人事業主で、営業方針は自由に設定できるようになっています。町の運送便として活躍する赤帽は、小さな引越しや緊急配送の担い手として重宝されています。また、型にはまらない営業をしているので、配送業務以外の仕事を引き受けるケースも多いといいます。引越しを依頼した時に、依頼主を同乗させてくれたり、荷物の設置なども気軽に請け負ってくれます。また、便利屋的な仕事を請け負う事業主も多いといいます。私たちの生活に密着したサービスを提供してくれる赤帽便ですが、一方で大手運送会社の下請け、孫請けとしても活躍しています。そのような事業主でも、個人的な依頼は受けてくれますが、隙間の仕事としての捉え方となります。そのため、チャーター便として利用するためには、1週間前からの予約が必要となることもあります。この手の事業主となると、気軽に荷送をお願いする訳にはいかなくなります。赤帽便を便利に使いこなすためには、事業主がどのような姿勢で仕事をしているかを把握しておくことです。事業所の営業形態を理解していれば、仕事の依頼も上手く行きます。

Copyright© 2017 荷物の少ない引越しには赤帽を利用しよう|メリットを解説 All Rights Reserved.