選ぶ際の基準

ダンボール

確認しておきたいこと

東京にはいろんな運送業者がいますが、どこにお願いしても同じというわけではありません。まず気にしておきたいのは、自身が運んでもらいたい荷物に対応できる、東京の運送業者かどうかの確認が必要です。冷凍や冷蔵はもちろんですが、電化製品などの強い振動を避けたいものは、運ぶのにコツや専用の設備がいる場合も多いです。他にも生き物や絵画などがあって、それぞれで運び方が変わります。できるだけ専門の業者が望ましいため、事前に電話で問い合わせておくか、ホームページを見ておきましょう。それから東京の運送業者を選ぶ際には、一度に運べる量も大切です。基本的に東京の運送業者が所有しているトラックの大きさや台数、ドライバーの人数で決まります。例えば荷物が少量なのに、大型トラックしかない運送業者に依頼すると、無駄に料金を払うことになりかねません。反対に、大量の荷物を運んでもらいたいのに、中型や軽トラックしかないところに依頼すると効率が悪いです。そこで東京の運送業者の担当者に来てもらい、実際に運びたい荷物を見てもらうのが良いです。そして保証の有無も見逃してはいけない部分です。運んでいる途中に、荷台の中で荷物が倒れてしまい、破損することは珍しくないです。おまけに盗難に遭う可能性もゼロではないですし、決められた日時に届かないことも考えられます。そんな時のためにきちんと話し合っておけば、余計なトラブルに巻き込まれなくてすみます。

Copyright© 2017 荷物の少ない引越しには赤帽を利用しよう|メリットを解説 All Rights Reserved.